カテゴリ:阿蘇ジオサイトを行く( 98 )

草千里の野焼き復活

2月27日、草千里の野焼きが行なわれました。
ほぼ50年ぶりの野焼きだそうです。
口蹄疫予防のため赤牛の放牧がおこなわれなくなり、芝状の美しい草原だった草千里は、長草化や、一部ではヤブ化した部分も見られるようになっていましたが、4,5月ころには美しい緑の草原が蘇りそうです。

↓草千里の野焼きを伝えた地元紙(熊本日日新聞)の記事
c0248473_17113657.jpg


↓野焼きのようすを伝えたNHKニュースの映像
c0248473_1713273.jpg

c0248473_17133877.jpg


↓野焼きのあとの草千里(2月28日)
c0248473_17145772.jpg


草千里の野焼き再開については「草千里の野焼き再開」(2015,11,20)もご参照ください。
by asobotei | 2016-03-01 17:21 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(0)

河岸段丘が広がる南郷谷

阿蘇の中央火口丘南側に広がる南郷谷には、白川を中心に河岸段丘が発達しています。
この段丘は、より下流の立野峡谷付近まで流下した何度かの溶岩流が、白川の河谷を埋積して堰き止めたことに関係して形成されたと考えられています。 「阿蘇ジオパーク」公式サイト」より
c0248473_14324412.jpg

                                     (2015,5,25 阿蘇登山道南線より撮影)

c0248473_1433328.jpg

                                     (2012,9,15 阿蘇登山道南線より撮影)

c0248473_14331652.jpg

                                     (2007,2,1 阿蘇登山道南線より撮影)

HPにも南郷谷の四季折々の風景を並べました。ご高覧いただければ光栄です。
by asobotei | 2016-01-06 14:43 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(6)

阿蘇山初冠雪

26日、阿蘇の山々で初冠雪が確認されました。

中岳(古坊中から)
c0248473_16103095.jpg


中岳(草千里展望所から)
c0248473_16112151.jpg


烏帽子岳と草千里(草千里展望所から)
c0248473_1612239.jpg


杵島岳(草千里展望所から)
c0248473_16122512.jpg


米塚(草千里展望所から)
c0248473_16125126.jpg

by asobotei | 2015-11-27 16:13 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(4)

鬼八の力石(高千穂峡)

高千穂峡に”鬼八の力石”と称される大岩があり、案内板には次のように書かれています。

鬼八の力石(重量約200トン)
前方の大きな石が鬼の力石です。高千穂神社の祭神三毛入野命(みけぬのみこと)は弟の神武天皇とともに大和に行かれますが、伝説では再びお帰りになり、高千穂郷一帯で悪行をはたらいていた鬼八を退治し、この一帯を治めたといわれています。この時、鬼八が三毛入野命に投げ、力自慢をしたという石といわれています。
                        高千穂町 高千穂町観光協会   (原文のまま)
c0248473_19184797.jpg


 阿蘇と、隣接する高千穂に鬼八に関する神話・伝説が残されているのは興味深いところですが、 阿蘇の神話に登場する鬼八は健磐龍命の家来として登場し、高千穂では三毛入野命に対抗する形として登場するところに大きな違いが見られるのだそうです。
 一つの勢力が土地を支配し、服従させていく過程が、この二つの伝説によく表れているといいます。
つまり、阿蘇の勢力はまだ弱小民族で弱かったので健磐龍命の家来として登場し、高千穂では強い勢力として、鬼八は対抗する形で登場しているのではないかといいます。
 神話・伝説もこうして見てみると、さらに興味深く感じられますね。
by asobotei | 2015-11-25 19:33 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(6)

神話の石”的石”(まといし)

”御茶屋跡”にほど近い神話の石”的石”を訪ねました。
ちょうど地元のみなさんが〆縄を張りかえていらっしゃるところだったので、比較してその岩の大きさもよく感じとれます。
c0248473_19391758.jpg

c0248473_19392698.jpg


阿蘇創造の神”健磐龍命”が、阿蘇谷を挟んだ往生岳や杵島岳に上って、この大きな岩を的にして弓の稽古をされたという神話が残されています。
詳しくは下記をご参照ください。
http://asobotei.sakura.ne.jp/sinwa/kihati/kihati.htm
by asobotei | 2015-11-24 19:45 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(6)

的石「御茶屋跡」

阿蘇市的石の「御茶屋跡」とその周辺の紅葉を見に出かけました。
残念ながら、既に紅葉は見ごろを過ぎていましたが
「御茶屋跡」に隣接する隼鷹天満宮と的石湧水で紅葉の名残をを楽しむことができました。
c0248473_2114822.jpg
c0248473_2115846.jpg


「御茶屋跡」は開放されていないので、隼鷹天満宮の参道から眺めました。
ここは、肥後の殿さまが参勤交代の折、二重の峠からの急坂を下りてひと休みしたところとされています。
的石湧水をひきこんだ庭園が見事です。
c0248473_2161322.jpg

by asobotei | 2015-11-23 21:07 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(7)

草千里の野焼き再開

 新聞報道によると、熊本県が阿蘇のビューポイント草千里(草千里ヶ浜)の野焼きを、来春、再開することになったということです。(11月20日付 熊日)
c0248473_1771550.jpg


 以前(2013,5)、ここでも「草千里の異変」①、②として取り上げたように、最近、草千里の一部に灌木が見られるようになったり、短草の草原が長草化したりして草千里の美観が損なわれるようになっていたのです。
c0248473_1635876.jpg

c0248473_16351741.jpg


 その原因は、口蹄疫などの防疫対策として5,6年ほど前から放牧がおこなわれなくなりったことにより、それまで放牧の牛が食べることによって維持されていた草原の維持機能が失われてきたことにあるようです。
かって、放牧の牛たちが見られた草千里です。
2003年6月
c0248473_16573257.jpg

2009年8月
c0248473_16581358.jpg


 野焼きによってかってのような美しい草千里が再生してくれることを祈りたいものです。
2003年6月の草千里
c0248473_1711567.jpg


 野の花ファンの阿蘇望亭にはもう一つの期待感が膨らみます。
実は、草千里はハルリンドウの一大群生地なのです。ところが、近年、草原が長草化することによってハルリンドウが少なくなりつつあったのです。来春、野焼きが行なわれた後に咲くハルリンドウが楽しみです。
2011年5月撮影
c0248473_176132.jpg

by asobotei | 2015-11-20 17:10 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(6)

高千穂峡

 高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷(高千穂町観光協会HP)
宮崎県の高千穂峡、もちろん”阿蘇ジオサイト”といえませんが、番外編としてここに紹介させていただきます。

高千穂峡といえばこの真名井の滝
c0248473_19552928.jpg


対岸にそびえる高さ70mという”仙人の屏風岩”は、阿蘇の溶岩流がつくりだした柱状節理
c0248473_19571232.jpg


溶岩流と、それを侵食した五ヶ瀬川がつくりだした峡谷美が広がります。
c0248473_2022027.jpg

c0248473_202304.jpg

by asobotei | 2015-11-14 20:03 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(4)

阿蘇中岳噴火?

午後、野の花の取材に出かけたら阿蘇中岳から勢いよく噴煙が上がっていました。
13日には”噴火が停止した”というニュースが流れていましたが、また噴火したのでしょうか?
12時39分、南阿蘇村吉田から
c0248473_1991495.jpg


その後も真っ黒い噴煙が上がっているのが確認されましたが、今のところ(午後7時)、噴火したというニュースは確認できません。
14時47分、南阿蘇村久石から
c0248473_1911991.jpg


16時56分、南阿蘇村久石から
c0248473_1912510.jpg

by asobotei | 2015-10-15 19:13 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(0)

阿蘇中岳の噴火続く

14日に噴火した阿蘇中岳
その後も小規模な噴火が続いているそうで、昨日は噴煙が900mまで上ったということです。
14日の噴火はマグマ爆発で、火砕流が1kmほど流れていたというニュースもありました。

14日は北西へと流れた噴煙が、昨日は南南西の熊本市方面へと流れていました。
(南阿蘇村久石からパノラマ撮影)
c0248473_20592767.jpg


今朝は窓を開けたとたんに鼻を突く硫黄の臭い!
噴煙が南郷谷へと流れました。
降灰は差細多くはなかったようですが、終日硫黄臭に悩まされました。
(南阿蘇村両併から)
c0248473_2112086.jpg

(南阿蘇村清水峠から)
c0248473_2113052.jpg

by asobotei | 2015-09-20 21:02 | 阿蘇ジオサイトを行く | Comments(4)


阿蘇の四季の風景と野の花など文字どおり気ままに


by asobotei

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

カテゴリ

全体
阿蘇ジオサイトを行く
四季アルバム(春)
阿蘇の野の花(春)
四季アルバム(夏)
阿蘇の野の花(夏)
四季アルバム(秋)
阿蘇の野の花(秋)
四季アルバム(冬)
阿蘇の野の花(冬)
全般
マイタグ帳
未分類

最新の記事

ヤマアジサイ(ユキノシタ科)
at 2017-06-24 17:13
アジサイ
at 2017-06-23 20:27
花菖蒲
at 2017-06-22 20:08
阿蘇の草原が国重要文化的景観..
at 2017-06-20 21:04
巨石を祀る
at 2017-06-19 21:37

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

最新のコメント

けん坊、ありがとう! ..
by asobotei at 16:03
トムジーさん、ありがとう..
by asobotei at 16:00
けん坊、ありがとう! ..
by asobotei at 15:57
山紫陽花❗もうすぐ見頃っ..
by けん坊 at 19:11
紫陽花、見事に咲いてます..
by けん坊 at 18:40
こんばんは  混ざりっ..
by tomiete3 at 18:16
リンドウさん、ありがとう..
by asobotei at 16:30
綺麗ですねぇ。 南阿蘇..
by rindou02 at 11:12
けん坊、ありがとう! ..
by asobotei at 20:17
こんのさん、ありがとうご..
by asobotei at 20:13

お気に入りブログ

ブッキン
旅、遠くへ、近くに
四季おりおり
yume studio
おじさん日記
雑 ...
気ままにデジカメ散歩
ワッコの楽しみ
ときままのひとりごと
草原マニア
ひとひらmemo
たそがれライダーの雑貨屋的日記
トムジーのつぶやき3
私の人生
風景写真アラカルト
彩々 花 海 
茨城蝶遊記
リンドウの徒然日記Ⅱ
元気ばばの青春日記 気持...
四季のいろ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
自然・生物

画像一覧