ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

ツリフネソウの仲間では、阿蘇に限っていえばツリフネソウは意外と少ないです。
最も多いのはハガクレツリフネ、そしてキツリフネといった順でしょうか。
ツリフネソウは花が葉よりも高いのが特徴で、茎の先から枝を伸ばして帆掛け船をつり下げたように咲きます。
c0248473_19315274.jpg
c0248473_19320468.jpg
c0248473_19314110.jpg
花は筒型になっていて、ハチや虫たちがその奥にある蜜を求めて入っていくと確実に受粉が行われる仕組みになっているんだとか!
c0248473_19312732.jpg
ただ、ハチや虫たちにとってバックして戻るのは苦手なのもいるみたいで、筒の先を食い破って出る不届き者もいるんだとか!
筒の細い部分が破られてトンネル状になってしまっています。
c0248473_19321573.jpg

by asobotei | 2017-09-13 19:38 | 阿蘇の野の花(秋) | Comments(4)
Commented by こんの at 2017-09-14 07:37 x
ふ~むむ どこの世界にも、ずいぶんと乱暴なヤツもいるのですなぁ
これで結実するのかなぁ......

Commented by asobotei at 2017-09-14 16:05
こんのさん、ありがとうございます。
写真に写っているような小さなハチではなく、もっと大きなハチらしいですが、筒のお尻の方を食い破って出ていくらしいんですよ~
結実はどうでしょう?・・受粉は手前の方でするらしいですから実はできるのかもですね。
食い破られはするは結実はできないはでは、花にとっては踏んだり蹴ったりですからね(笑)
Commented by けん坊 at 2017-09-14 19:04 x
花も必死、花も必死なんですね❗バックが苦手でもひたすら蜜を求めて❗ツリフネソウは皆より目立つ様に葉よりグーンと伸びてきたのでしょうネ❗
Commented by asobotei at 2017-09-14 19:13
けん坊、ありがとう!
ハチもチョウもそして花々も!
生きていくため、子孫を伸すために必死なんですよねえ~
ツリフネソウの仲間も、それぞれに受粉をスムーズに、子孫を確実に残すために進化してきたんでしょうね!
名前
URL
削除用パスワード


阿蘇の四季の風景と野の花など文字どおり気ままに


by asobotei

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

メモ帳

カテゴリ

全体
阿蘇ジオサイトを行く
四季アルバム(春)
阿蘇の野の花(春)
四季アルバム(夏)
阿蘇の野の花(夏)
四季アルバム(秋)
阿蘇の野の花(秋)
四季アルバム(冬)
阿蘇の野の花(冬)
全般
マイタグ帳
未分類

最新の記事

メタセコイアの並木
at 2018-11-18 17:06
秋の実集合!
at 2018-11-15 19:22
ノササゲ(マメ科)
at 2018-11-14 13:57
雨の秋景色
at 2018-11-13 16:48
ススキと黄葉の風景
at 2018-11-12 18:46

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

最新のコメント

カメラを向けたくなる風景..
by こんの at 07:04
こんばんは  何処だっ..
by tomiete3 at 20:49
見事なメタセコイヤの紅葉..
by rindou02 at 20:21
見事な黄葉ですね!この青..
by 高山 at 17:48
トムジーさん、ありがとう..
by asobotei at 16:58
こんにちは 収穫祭をや..
by tomiete3 at 14:13
けん坊、ありがとう! ..
by asobotei at 19:22
こんのさん、ありがとうご..
by asobotei at 19:20
秋の実のアート‼️おしゃ..
by けん坊 at 18:19
あぁ まさに晩秋のアート..
by こんの at 07:31

お気に入りブログ

ブッキン
旅、遠くへ、近くに
四季おりおり
yume studio
おじさん日記
雑 ...
気ままにデジカメ散歩
今・・
ワッコの楽しみ
ときままのひとりごと
草原マニア
ひとひらmemo
たそがれライダーの雑貨屋的日記
トムジーのつぶやき3
私の人生
風景写真アラカルト
彩々 花 海 
茨城蝶遊記
リンドウの徒然日記Ⅱ
元気ばばの青春日記 気持...
四季のいろ
えいこの日記
潮風香る街から

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
自然・生物

画像一覧