カテゴリ:全般( 56 )

ご訪問ありがとうございます

パソコン仲間で行っている学習会で Snipping Toolを教えていただきました。
ディスプレイに表示される画面の自由な範囲を選択してスクリーンショットとしてコピーするツールです。
さっそくエキサイトブログから月間訪問者のレポートをコピーしてみました。
便利ですねえ~

阿蘇望亭の気ままなブログの訪問者です。
いつもこんなにたくさんの方々、自分でも驚くほどの方々が訪問して下さっています。
  (マツムシソウをUPした日の訪問者がダントツで多かった!)
ありがとうございます!
数字は、左から”PC”、”Mobile”、”PV合計”、”訪問者”です。
c0248473_17311342.jpg

by asobotei | 2018-09-22 17:37 | 全般 | Comments(6)

甦った湧水(塩井社水源)

熊本地震でそれまでこんこんと湧き出ていた湧水がぴたりと止まってしまった塩井社水源に、震災から2年半、清らかな湧水が甦ってきました。
湧水量は震災前からするとまだまだですが、美しい水は以前どおりの清らかさ、地域一帯の水田の用水ともなっていただけに、地域の皆さんも大喜びです。
訪ねた水源の水辺には早速冷たい湧水にスイカが冷やしてありました!(写真右下)
c0248473_21132195.jpg
地震直後、湧水が枯渇した湧水池
c0248473_21131173.jpg
地震前、湧水で満たされていた湧水池
c0248473_21130160.jpg

by asobotei | 2018-09-12 21:16 | 全般 | Comments(8)

復興に向けて頑張っています!

阿蘇大橋のたもと、南阿蘇村黒川地区は先の熊本地震で壊滅的な被害を受けました。
この地区は九州東海大学の近くに位置し、多くの学生アパートが建ち並んでいましたが、ほとんどの建物が倒壊、大学自体も被害が大きく再建をあきらめて他の町へ移転することが決定しました。
そんな逆境の中でも、住民の皆さんは復興へ向けて頑張っていらっしゃいます。
倒壊した家屋が撤去されたあとに復興食堂を開店された方もあります。そのお店の駐車場脇に、ヒマワリがきれいな花を咲かせていました。
ヒマワリが”頑張っています!”と、住民の皆さんの声を代弁しているように見えました。
c0248473_20133596.jpg
c0248473_20132553.jpg
阿蘇大橋脇の崩れた山肌は今も痛々しい姿を見せていますが、復旧工事も着々と進んでいます。新聞の報道では、急斜面で危険なため遠隔操作による土木機械で作業していた工事が、安全が確保されてやっと人間が操作する機械へと移行したそうです。工事のスピードアップが期待されます。
崩壊した阿蘇大橋もすぐ近くに移築、再建される工事が進んでいて、橋脚の一部も見られるようになってきています。




by asobotei | 2018-09-11 20:19 | 全般 | Comments(8)

世界遺産に!

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されました。
長崎の原城跡などの関連遺産とともに天草の崎津集落も登録されました。
崎津集落は、天草下島の南西部、羊角湾に位置する漁港を囲む小さな集落で、禁教期にも隠れキリシタンが密かに信心を守りつづけたといわれます。
今、その入り江に面して崎津教会がたちます。
(画像は全て以前撮影した写真です)
c0248473_19401817.jpg
c0248473_19400508.jpg
c0248473_19394772.jpg


by asobotei | 2018-07-01 19:41 | 全般 | Comments(5)

熊本城は、今

ずっと気になっていた熊本城へ行ってみました。
天守閣には天を突くような工事用の大きなクレーンが2基!
c0248473_20365194.jpg
天守閣は工事用の足場などにおおわれてその姿は確認できません。
天守閣の隣に建つ小天守はまるで宙に浮いたような姿を見せていました。
天守閣と小天守は昭和に入って建てられたコンクリート造りです。文化財の石垣を傷めないようにしっかりした支柱に乗っかるように建てられ、足下の石垣だけが崩れて(再建のために取り除かれて?)そのような姿になったようです。
c0248473_20363824.jpg
再建された天守閣の屋根に設置される鯱(しゃちほこ)は既にできあがり、観光交流施設に展示されていました。
2体はそれぞれ高さ119cm、重さ100kgあるそうです。さすがに近くで見るととても大きい!
触ることも許されていて、今しかできない貴重な体験をすることができました!
c0248473_20361960.jpg
熊本城には多くの櫓がありましたが、その多くが震災で甚大な被害を受けました。
画像は西大手門の向かいに建つ元太古櫓ですが、手をつけられた様子も見られず震災時そのままの痛々しい姿をさらしています。
先ずは天守閣から再建がすすめられているようです。
c0248473_20360428.jpg
熊本城は小高い丘、というより山を利用して建てられています。天守閣などお城の中心部まではけっこうな坂道を上らなければなりませんが、今は、工事のために更に遠回りしなければなりません。
有難いことに、街に近い観光交流施設からお城の中心部までシャトルバスが運行(無料!)されていました。これには助かりました!!!
c0248473_20355280.jpg


by asobotei | 2018-02-16 21:08 | 全般 | Comments(4)

熊本地震その後

熊本地震から間もなく2年、道路などのインフラ復旧もすすんで、生活にはさほどの不便を感じないようになりましたが、まだまだ震災時の姿がそのまま残されているところも少なくありません。
久しぶりに震災の象徴的な光景ともなったあの崩落した阿蘇大橋の跡を訪ねました。
手前の道路は国道325号で、道路案内板の向こうに阿蘇大橋が架かっていたのですが、今はその姿はありません。白川を挟んだ対岸、大きく崩落して阿蘇大橋をも潰してしまった外輪山は大がかりな治山工事がすすんでいました。
こちら側から見ると、対岸に大橋の基礎だった部分(黄色の円)がはっきり見てとれます。
対岸に記入した赤い線は、かって国道57号と豊肥本線が並行して走っていた部分です。
c0248473_21160060.jpg
工事が行われている部分をよく見ると、重機や人の動きがとても小さく感じられ、被害の大きさが実感されます。
c0248473_21190226.jpg
阿蘇大橋へ通じる道路に、つながっているはずの中央線が大きくずれているところがありました。
亀裂は埋め戻されていますが、断層が地上にあらわれていた部分だと思います。
c0248473_21213761.jpg
近くに建つのは東海大学の学生アパートだった建物と思われます。
建物はしっかりしていますが、震災後、東海大学自体が移転してしまって学生の姿は見られなくなってしまいました。
大きく崩れ落ちた擁壁が無残な姿を残したままでむなしさを感じさせます。
c0248473_21254228.jpg




by asobotei | 2018-02-09 21:40 | 全般 | Comments(4)

今年もよろしく!

明けましておめでとうございます。
阿蘇は穏やかな迎春となっています。
この一年が穏やかですばらしい一年となりますよう祈ります。
今年も阿蘇の風景や野の花などを発信して参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。
c0248473_10262372.jpg


by asobotei | 2018-01-02 10:27 | 全般 | Comments(6)

よいお年を!

2018年もあと一日あまりとなりました。
この一年、文字通りの阿蘇望亭の”気ままな”ブログとおつきあいいただきありがとうございました。

熊本地震で甚大な被害を受けた我が南阿蘇村ですが、地震から一年半あまりたち、遮断されたり迂回を余儀なくされたりしていた道路も徐々に復旧してきています。
年末には、国や県などの支援で、地域の足でもある南阿蘇鉄道が、復旧へと歩み始めるという明るいニュースも届きました。
ただ、まだ村内5カ所の仮設住宅団地や見なし仮設住宅で多くの方々が新年を迎えられるという厳しい状況も続いています。
新年は、更に復興への足取りが早まりますよう祈るばかりです。

皆さまにはどうぞよいお年をお迎え下さい。
c0248473_15403785.jpg




by asobotei | 2017-12-30 15:42 | 全般 | Comments(8)

臼杵の石仏

別府温泉からの帰路、国宝「臼杵の石仏」を訪ねました。
切り立った岩肌に掘られたという磨崖仏、伝説によれば1400年もの昔に掘られたといいますから、機械もない時代にさぞかし大変だったことだろうと、その信仰心の強さや苦労に心をうたれます。
c0248473_10460389.jpg
c0248473_10454701.jpg
c0248473_10453482.jpg
仏像に紫外線を当てているのがありました。
仏像の保全のため、表面のコケ類を紫外線を利用して除去しているということでした。
貴重な場面に出会うことができました。
c0248473_10451830.jpg
石仏群からの眺めです。
いかにも仏の里らしい、ゆったりした時間が流れているような風景が広がっていました。
c0248473_10450527.jpg

by asobotei | 2017-12-21 10:53 | 全般 | Comments(6)

一歩前進

熊本地震から1年8ヶ月、復旧の足取りは決して早くはありませんが、一歩一歩確実に前進しています。
この12月、南阿蘇と熊本市方面を結ぶ主要道路の県道28号、南阿蘇から俵山トンネルを抜けた先の道路が復旧し、急坂、急カーブが連続する迂回路を通らなくてもいいようになります。

俵山トンネルを抜けたところ(西原側)は、Uターン状態の急カーブで迂回路(青塗装)へ入っていました。
c0248473_19565421.jpg
c0248473_19564292.jpg
迂回路は、その後も急カーブ、急坂の連続でしたが、今回の復旧で、トンネルを抜けて旧来の道路を直進できるようになり、この部分の迂回が解消されます。
c0248473_19555378.jpg
c0248473_19550844.jpg
ただ、今回の復旧も全線復旧ではありません。
熊本市(西原村)方面から南阿蘇へと向かう道路の交差点、この先は依然として通行止めが続き、後方の俵山トンネル方面へは直進できず、右折して迂回路を走る状態が続きます。
c0248473_19560461.jpg


by asobotei | 2017-12-02 20:08 | 全般 | Comments(7)


阿蘇の四季の風景と野の花など文字どおり気ままに


by asobotei

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

メモ帳

カテゴリ

全体
阿蘇ジオサイトを行く
四季アルバム(春)
阿蘇の野の花(春)
四季アルバム(夏)
阿蘇の野の花(夏)
四季アルバム(秋)
阿蘇の野の花(秋)
四季アルバム(冬)
阿蘇の野の花(冬)
全般
マイタグ帳
未分類

最新の記事

トンネルの中のクリスマス
at 2018-12-02 20:00
師走入り
at 2018-12-01 17:15
ツルウメモドキ(ニシキギ科)
at 2018-11-29 17:29
キジカクシ(ユリ科)
at 2018-11-28 19:42
ガガイモ(ガガイモ科)
at 2018-11-26 15:13

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

最新のコメント

けん坊、お忙しい中にコメ..
by asobotei at 19:19
阿蘇望亭さん、もう師走で..
by けん坊 at 18:20
こんのさん、ありがとうご..
by asobotei at 14:39
トムジーさん、ありがとう..
by asobotei at 14:37
ファンタジーの世界に誘わ..
by こんの at 07:54
こんばんは もう、..
by tomiete3 at 21:11
こんのさん、ありがとうご..
by asobotei at 19:56
初冬の柔らかい陽をうけて..
by こんの at 07:18
リンドウさん、ありがとう..
by asobotei at 17:02
萌の里で、買った事があり..
by rindou02 at 20:08

お気に入りブログ

ブッキン
旅、遠くへ、近くに
四季おりおり
yume studio
おじさん日記
雑 ...
気ままにデジカメ散歩
今・・
ワッコの楽しみ
ときままのひとりごと
草原マニア
ひとひらmemo
たそがれライダーの雑貨屋的日記
トムジーのつぶやき3
私の人生
風景写真アラカルト
彩々 花 海 
茨城蝶遊記
リンドウの徒然日記Ⅱ
元気ばばの青春日記 気持...
四季のいろ
えいこの日記
潮風香る街から

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
自然・生物

画像一覧